アクキーご注文のお客様へ 納期について

こんばんは。     店長のとーるです。 まぁ、とりあえずだな。  

cvmj36uvyaay-zb

という冗談は置いといてだ。

 

本日は

ご依頼頂いております

アクリルキーホルダーの納期や、入稿期限について

少しお話しておきます。

 

弊社のグッズ紹介のページ。

☆オリジナルグッズ製作 承ります☆

こちらがトップとなっており、

特に受注率の高いのが

アクリルキーホルダー

こちらのアクリルキーホルダーのページでございます。

双方のページ上部に

簡単なカレンダー的なものが載っております。

%e3%82%ab%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%bc

これです。

すでに12月中旬まで埋まっております。

 

コミケ合わせの納品も指定の納品日によっては

お力になれない場合がございます。

※例えばC91 3日目参加なのに 12/10日までに

10種 各3個ずつ

納品希望

など。

弊社では自動選択ツールを用いての

カットライン制作、白打範囲データ制作を

行っておりません。

細かい部分まですべて人の手で行っております。

そのため、データの種類が増えれば

自ずと作業時間も増えてまいります。

現状の基本納期4週という記載に対して、

あまりにも納期がないご依頼に関しては

誠に心苦しいのですが、

お断りさせていただくこともございます。

現状でも12月上旬の納品は特急料金を

頂いても厳しいと思って頂ければ幸いです。

基本的には現状長く見積もって納品まで4週、っていう

納期モデルとなっております。

 

また、納期に追われて、

間違ったものを作ってしまったり、

オーダーとかけ離れたものを作ってしまう、

急ぐととにかくそのリスクが増えていきます。

 

例えば駆け込み入稿でよくあること

・全般的に

→修正、修正で何回も入稿されてしまい、

正規原稿が最終的にどれか不明となる。

※原則注文確定後の個数や仕様の変更は行っておりません。

・原稿が不完全である

→透過部分が塗りつぶしになってしまっている。

・両面印刷において

→裏面が原稿は反転しているが、文字が反転されていない。

・両面印刷において

→表と裏がズレてて一致しない。

%e4%b8%a1%e9%9d%a2%e5%8d%b0%e5%88%b7

両面印刷に関しては ↑ こいつを参照。

などなど。 例えばご入稿から納品まで 10日あったとしても、それは完全原稿であった場合、 そして、順番が空いている場合に作業時間が10日取れる、 というお話です。   すでに順番が恐ろしく詰まっている状態です。   しっかりしたものを間違いなく製造し、 お客様にお届けするためにはそれなりの時間を要します。   急がせられれば、 それだけミスをする確率が飛躍的にアップすることを 念頭において頂ければと存じます。   もちろん私たちはイラストを描くことはできず、 直してあげることもできません。     ご依頼くださるお客様に於かれましては 少しでも早い確認、そしてご入稿。   それに応えるべく私たちは早めの確認、製造を行い、 お客様のお手元に間違いのないものをお届けする。   と、ものづくりは 双方の協力、意思疎通があって 初めていいものが完成すると思っております。     昨今ではすべて入稿からお届けまでが オートメーション化され、 誰とも会話することもなく物が届く。という システムが多いかと思います。   そういう意味ではメールベースで 商談を進めていく弊社は古いのかもしれません。   もう少し、人員を増やして楽に入稿等が 出来るようなシステムを構築できるようにこの辺りは努力して行きたく思います。   が、出来る限り、あれ?ここ間違ってないかな? あれ?ここはこうした方がいいのではないかな? あれ?ここはもう少し濃くしないとうまく色が出ないよ? と思うことがあればご連絡をさせて頂くようにしております。   人と人のつながりで、 少しでもいいものができて、お客様がご満足頂けるなら ギリギリまで対応を致します。     冬コミ関係締め切りまで あと少しだと思います。     事前予告なく、 締め切らせて頂く可能性もございます。   最終の確認をしっかりと行ってから ご入稿いただけますよう、お願い申し上げます。       私達もそれに応え、 最高の一品をお届けできるように 全力を、尽くします。