【★グッズ制作承ります★】 イラストレーター様必見 その4

 
trinitu blog logo TRINITYではイラストレーター様がイベント等で販売する イベント用グッズの製作も承っております。 オススメのグッズ製作、今回は第4弾になります
アクリルへの徹底したこだわり編

第2弾はこちら

TRINITY 手帳型スマホケース FEEL編

TRINITY 3層タペストリー LST編
今回で4回目になりますね。 今回は最近特にオーダーを多く頂きます、 アクリル製品のアクリルキーホルダー、 アクリルフィギュア、アクリルクロック、 フレグランススタンドなどに関します データに付きまして、ご説明をさせて頂きます。 アクリルへの印刷では基本的には 下の図のような印刷になります。 blog akuriru CMYKインクの下の『裏打ち』とはなに? 裏打ちは他にも、裏抑えとか白打ちとか、白抑えなどとも 呼ばれています。 ※なぜ裏打ちが必要なのか? 透明なアクリルに印刷をした場合は、濃い色、薄い色に かかわらずに光が透過しますので、 イラストなどが全体的に薄くなり、後ろが透けてしまいます。 この裏打ちを行うことで、イラスト本来の色を表現し、 光の透過をおさえることができます。 ※完全に光の透過を防ぐことはできません。 この裏打ちのデータは、印刷データを入稿する方が 用意するのが一般的のようです。 ですが、TRINITYでは 印刷データのご入稿の際に裏打ち用のデータを ご用意頂く必要はございません。 弊社にて、完全なデータを制作いたします。 完全なデータとは? 先程に一般的には裏打ち用のデータはデータを ご入稿され方が用意すると言いましたが、 このご用意された裏打ち用のデータはこんな使われ方を するのが一般的のようです。 画像トレース機能を使って、オートにてパスデータに 変換する。 オートでパスデータに変換するとどうなるの? o0800055813572346905 このデータをオートパス機能で拡張してみましょう o0780051513572346904 グレーがオートパス機能で作ったパスデータで わかりやすく、グレーに塗りつぶしています。 縁に見える黒い部分は、元のイラストデータです。 このグレーの部分が裏打ち用のデータ使われると… 縁に黒く元のイラストが見えている場合は問題ありません 裏打ちのデータがイラストからはみ出て、 製品の表面から裏打ちが見えることは ありませんから… しかし o0770057013572354557 黒くはみ出でいない部分があります。 こんな部分はイラスト全体のいたるところに 数十ヶ所も出来てしまいます。 アップで 裏打ちのデータを下にして、イラストを上にして 見てみましょう… ※わかりやすく裏打ちのデータを 赤で塗りつぶしてみました o0800066813572355562 この赤くイラストよりはみ出た部分は 裏打ちとして白く印刷されてしまいます。 この様なデータは修正されて 使わていれば良いのですが… TRINITYでは、このようなことがないように 裏打ちのデータは 完全なフリーハンドで 時間と手間をかけて 制作しています。 だから完全なデータが出来上がるのです。 TRINITYでは 裏打ち用のデータの入稿の 必要はございません イラストのみご入稿で大丈夫です 弊社にて責任を持って納得行くデータを制作いたします。 イラストレーター様はご入稿の期限いっぱいまで イラストを仕上げていただくことに専念できるよう 行っているサービスです。 しかも 裏打ち用のデータ制作費はかかりません 無料サービスです
   鼻血でちゃいますよぉ 
データの入稿をしようとして、専用テンプレートを ダウンロードしたら… やたらと注意書きが多くて レイヤーがいくつにも分かれていて これは消すなとか… ここからはみ出すなとか… 注意書き読んだけど… 意味分かんないとか… 嫌になりますよね… TRINITYでは、そんな心配一切なし 皆様のご依頼を心よりお待ちいたしております。 お問い合わせはメールにてお願い致します。 お気軽にご相談だけでもOKです お見積りだけでもOKです 冷やかし程度でメール下さい お問い合わせは    ここをポチッと!! 宜しくお願いします。  ( ´Д`)ノ~バイバイ 次回はカットラインのこだわりを ご紹介していきます