注意事項(アクリルボードSALE)  

必ずお読みください

ご注文いただいた全てのお客様は本注意事項を確認し、十分に理解したものとみなします。


はじめに

①本注意事項の記載および利用規約に掲載されている内容を読まずして発生したクレーム、返金、返品希望は、いかなる理由があってもお受けすることができません。

注文確定後の仕様変更、個数変更は原則お受けしておりません。

③ご入金後のお客様都合によるキャンセルはお受けすることができません。

【確定して送信】する前に、必ず内容を確認していただきますようお願い申し上げます。


メールについて

①弊社からのメールを受信できるよう、「@trinity-sin.com」の受信許可設定をお願いします。

②注文完了後に自動返信メール(お客様の送信した内容が記載されております)が、入力したメールアドレス宛に送信されます。(1分~3分程度)
自動返信メールが届かない場合は、入力したメールアドレスが間違っている可能性がございますので、お問い合わせフォームからご連絡をお願いします。

③自動返信メールには返信をしないようにお願いします。注文内容に関するお問い合わせなどは、お問い合わせフォームからご連絡をお願いします。

④注文内容に対するスタッフからのご返信は「注文日を含まない3日以内」とさせていただいております。


著作権について

①弊社でも、お受けすることができないデザインを把握するために、様々なコンテンツに知識のあるスタッフが対応をさせていただいておりますが、すべてのコンテンツに精通しているわけではございません。基本的には、お客様ご自身で各コンテンツのガイドライン等を理解していただき、グッズ製作をしても問題ないデザインなのかをお客様ご自身で判断して、注文を行っていただきますようお願いします。

②下記の例のような原稿を無断使用してグッズ製作することは、著作権の侵害にあたります。
下記の例に該当する場合、非営利目的かつ個人利用の場合でも製作をお断りさせていただきます。

(1)他者(社)の著作物の完全コピー、模写、真贋の判断がつきにくい原稿
(2)行き過ぎた暴力描写や性表現を行うことにより、著作物のイメージを著しく損なってしまう原稿
(3)著作権を保有、管理している権利者が、ガイドライン等で明確にグッズ製作を禁止している著作物に関する原稿
(4)許諾を得ていない肖像権に関する原稿
(5)弊社で定める下記コンテンツの二次創作原稿
ディズニー社に著作権が帰属している作品に関する原稿 (ツイステ、キングダムハーツなど)
・(株)ブロッコリー うたの☆プリンスさまっ♪に関する原稿
(株)サンリオに関する原稿(SHOW BY ROCK!!を含む)
サンエックス(株)に関する原稿
任天堂(株)に関する原稿およびポケットモンスターに関する原稿
・その他 ラブライブ!シリーズに関する原稿 ガールズ&パンツァーに関する原稿

※上記した例のほかにも弊社で「印刷できない」と判断した原稿は、いかなる事情があってもお断りのご連絡をさせていただきます。

③著作権に関して発生した全てのトラブル、納期遅れ、損害に関しては、一切の責任を負いかねます。

④著作権に関しては、弊社が代行して許諾を得たり、弊社がお調べするものではございません。

⑤楽しい同人活動、グッズ製作ライフを続けていくためにも、
皆様のご理解とご協力のほど何卒よろしくお願い申し上げます。


入稿および原稿不備について

①ご入稿いただいたデータは、ご請求書を発行するタイミングで確認を行なっております。
データ制作に支障をきたさないような不備であれば、基本的にはご入稿いただいた原稿がそのまま印刷されるものとお考え下さい。
お客様の意図しない状態で制作されてしまった場合でも、原稿通りに印刷を行なっていた場合の再製作や返金はできません。

②原稿不備などで担当とのやり取りが過度に続く場合、納品が希望日に間に合わせられなくなることがございます。

③入稿後のお客様都合によるデータの差替えは不可でございます。
ご入稿前にデータの見直しをしてからご入稿をお願いします。

④ファイル名は半角英数字にしてご入稿ください。それ以外は文字化けしてしまいます。
複数種類注文の場合は「何種目(例:「1_AKANE」「2_SEKKA」「3_SAIKA」)」のように、必ずナンバリングをしてください。
スマホからなどファイル名を変更できない場合は、入稿データに被らないよう隅にナンバリングをしてください。

※「iPad」を経由して入稿されるお客様へ
iPadを経由することで弊社の入稿フォームから入稿する際に、データが破損してしまう現象が発生しております。
お手数ではございますが、アップローダーを利用してご入稿いただきますようお願いします。

⑤弊社からデータ修正をお願いする場合や見積もりなどで後日入稿されるお客様は、担当のメールに返信する形で「アップローダーへのリンク」もしくは「直接添付」にてご入稿をお願いします。


原稿について

①ファイル形式は「psd / png / jpg / jpeg」形式にてお願いします。現在「ai」形式は承っておりません。

②psd形式の場合、レイヤー効果などはラスタライズした状態で、弊社側で変更できない状態にしてご入稿ください。
印刷希望のイラストはレイヤーを統合してご入稿ください。(テンプレート内の穴位置レイヤーなどは統合しないようにお願いします。)

③png/jpg/jpeg形式でカットラインや白版、穴位置などの特段の指定がある場合は、それぞれのデータに分けてご入稿ください。
※ファイル名に「template」「illust」のように記載して、フォルダにまとめて圧縮してご入稿ください。

サイズ、解像度について詳しくはこちら
④注文サイズより大きいデータサイズで入稿された場合、注文サイズにリサイズして制作します。
(複数のキャラクター同士の比率などは維持されません。)

⑤解像度は適正値が350dpiです。これ以上の解像度でデータを作成しても奇麗に仕上がるということはございませんので、適正値での入稿をお願いします。
逆に解像度が低い場合は、同じデータサイズでもイラストが荒れてしまいますのでご注意ください。

白版、透かし、グラデーションについて詳しくはこちら
⑥白版は、イラストからはみ出すことを防ぐために弊社で内側に縮小しております。(お任せ制作の場合)
髪の毛などの細かい部分は、縮小の際に消えてしまう可能性がございます。
できる限り表現できるように制作しますが、どうしても潰したくないデザインは、最低でも6px以上(0.5㎜程度)の確保をお願いします。
白版のデータ入稿は、グッズ原寸サイズでの制作が必須となります。

⑦白版のデータ指定については、下記の通りです。
『全面白版』:イラストのデザインに関わらず全面白版100%にて白版を制作いたします。
イラストが白版の濃淡の影響を受けることなく、端まで発色良く印刷されます。
『お任せ打ち分け』:弊社にてメインデザインと背景デザインの白版を分けて制作いたします。
完全にお任せいただく際は、データ制作時に白版の範囲に関してご相談させていただく場合がございます。(例:輪郭がはっきりしないデザイン、細かいデザイン、等々)
「白版イメージをご入稿いただく」か「メインと背景のレイヤーを分けていただく」とイメージに近い仕上がりになります。
白版の濃淡に差が出ることで光が差し込んだ際の透け感に違いが出て、イラストに奥行き感が出たりするなど、見た目のクオリティが向上します。
(こちらが弊社アクリルボードの基本仕様となります。)
※お任せ打ち分けをお選びいただいたお客様のイラストに背景がない場合はメインデザインに白100%、背景は透明での制作となります。
※機械の特性上、印刷モードによって白版の濃度が異なります。
・印刷モードA/B → メインデザイン白版100%、背景デザイン白版30%
・印刷モードD → メインデザイン白版100%、背景デザイン白版70%
※白版範囲に関しては弊社にお任せいただく関係上、納品後にイメージと違うという理由等でのお作り直し、返品、返金はお承りできません。
『データ入稿』:お客様からご入稿いただいた白版データをそのまま使用して制作いたします。
お客様のデザインへのこだわりをそのまま形にできるため、より一層オリジナリティ溢れる作品へ仕上がります。
※物理的に制作が難しい場合はご相談させていただく場合がございます。


印刷・色味について

色味をこだわられる方は、色校正プラン(有料)をご利用いただくことを強くおすすめいたします。
色校正プランを利用せず”イメージと違う”などの理由で再製作、返金などはできません。

②アクリルへの印刷はCMYKインクにより行い、紙への印刷とは大きく違うため、原則色味に関してのご要望にはお応えできません。
CMYKで原稿をお作りになることをおすすめしております。RGBの入稿も可能です。

③弊社の両面印刷は透けにくい事が特徴の超厚塗り仕様です。
表面、裏面に全く同じ原稿を配置した場合、アクリルを通した面、通さない裏面で色味の違いが出ることが有りますが、こちらは仕様となります。
また、両面印刷時は、アクリル側のイラストが逆側のイラストに凹凸として見えてしまう場合がございます。(こちらは色を再現する際のインク量の違いによるものであるため、仕様となります)

④CMYKで作成された原稿でも、お使いのモニター設定、印刷する印刷機、搭載インクなど様々な要因により、イメージ通りに仕上がらない場合がございます。(画面上で見ているCMYKとインクで印刷されるCMYKは表現方法が違うため、そのまま再現することは不可能です)