【新アクリル登場】偏光アクリル プリズム【数量限定】

※初回ロット分完売のため、ご注文は可能ですが5/17以降の発送・納品となります。
 

リリース前から大注目の偏光アクリル プリズムがついに登場!!
 
角度や環境の変化によってするアクリル……!?
Twitterやインスタで映えること請け合いです( d ¯꒳¯ )b
(スタッフは上手く写真に収めることができず大苦戦してました……w)
 ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。
「偏光アクリル プリズム」+「ドーミング加工」はキラキラ感マシマシで
TRINITYスタッフ激押しのオプションです
゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。
 

数量限定です!
この機会にぜひ使ってみてくださいね

価格表

偏光アクリル プリズム価格表
種類\サイズ(mm) 30㎜ ~ 70㎜ 80㎜ ~ 120㎜ 130㎜ ~ 160㎜ 170㎜ ~ 200㎜
アクリル料金 無料 +100円 +250円 +400円
定形アクリルチャーム +20円
オリジナルアクリルチャーム
(25㎜まで)
+30円(+1デザイン300円)


・価格表の金額は全て税込表示となっております。
・アクリルキーホルダー本体価格やオプションなどはこちら(https://trinity-sin.com/color-key/
・アクリルバッジ本体価格やオプションはこちら(https://trinity-sin.com/acrylic-badge/
・ぷちマグフレーム本体価格やオプションなどはこちら(https://trinity-sin.com/puchimag/

・印刷の説明
印刷デザイン【印刷面/オモテ側】

偏光アクリル プリズム

こちらには印刷できません【フィルム面】

カラーサンプル
※撮影用にディスプレイスティックを使用しておりますが、使用を推奨するものではございません

印刷サンプル説明画像

白版有りサンプル&
白版グラデーション

白版無しサンプル&
白版グラデーション


オプション紹介

・ドーミング加工例
50×50mm以下 @250
60×60mm~70×70mm以下 @300
71×71mm~80×80mm以下 @350

※理想の最大値はアクリルサイズ80mm程度(カットライン込み85mm以上は製作不可)
※カットラインに制限がございますため、弊社にてカットラインを決定させていただきます。
※製作の仕様上、多少の気泡・塵などが混入する場合がございます。

※左から「ゴールド」「シルバー」「レインボー」

・箔押し加工例
20×20mm以下 @150
100×100mm以下 @300
100×100mm以上 要相談

箔の種類、印刷方法など詳細はこちらから
箔押し加工は「グロスコート加工」「ドーミング加工」との併用は不可となります。
ご注文の際は種類と印刷方法を必ず備考欄に記載してください。


ギャラリー

環境が変わると

こんなに違う

同じ場所で撮影しても

台座使用例

オモテ打ち・ウラ打ち比較(白)

オモテ打ち・ウラ打ち比較(色)

ドーミングサンプル

アクリルチャームサンプル

偏光アクリル プリズム使用時の注意点
※非常に重要なので必ずお読みください!!!
・本アクリルは1種6個以上のご注文の方が対象となり、3の付く日ご利用(1種5個以下)のお客様は対象外となります。
・本アクリルはフィルム面にキズがつきやすいため、スレ跡のような薄いキズが発生することがあります。
こちらは仕様の範囲内であり、不良品ではありませんので、予めご理解、ご了承くださいませ。
・商品のクリーニングをするときに硬めの生地を使用したり、強くこすったりするとキズがつきやすいためご注意ください。
・本アクリル使用時は、原則オモテ打ちを基本の印刷方法とさせていただきます。
・本アクリルは色味が強く、アクリルを通して印刷を見る場合、印刷の色味に大きく影響を与えます。(透過印刷やウラ打ち、両面印刷など)
・オモテ打ち、ウラ打ちどちらもフィルム面には印刷できません。
上記内容を理解した上で、意図してウラ打ちを希望される場合、お手数ではございますが備考欄に「注意事項確認済み」とご記載ください。
・箔押し加工を使用する場合、アクリルの反射により箔が目立たなくなる場合がありますのでご注意ください。(箔押し加工例にジャンプ)
・ご使用の環境によって見え方が変わるアクリルですので、実物を確認してからイメージと違った、等の理由で返品、返金はいたしかねます。
・本アクリルはアクリルスタンド本体への使用は不可となります。(台座は使用可能)
・本アクリルはスケルトンオーバープリントの使用は不可となります。
・箔押し加工とグロスコート加工の併用は不可となります。
・本アクリルをアクリルバッジに使用する際、バッジは印刷面にしか張り付けることができないため、ウラ打ち限定となります。